img
img 比べる

比較のためにカジノを追加しました。
クリックして比較

更新しました: 2023-08-03

オンラインカジノの儲け場合は確定申告が必要?必要なケースと方法について

初めまして、久保儀一と申します。僕は日本のカジノ・ギャンブル産業の弁護士として活動しており、利益申告の依頼を多く受けてきました。

オンラインカジノを楽しむ際には、単に遊ぶだけではなく、利益申告もしっかりと行う必要があります。しかし、利益申告に関しては面倒で理解しづらいという声もよく聞かれます。

この記事では僕の経験を下に、オンラインカジノをプレイした際の納税方法について知識を共有していきます。

オンラインカジノで儲けたら、利益申告もしっかり行う必要があります。しかし、利益申告については面倒でわからないという人がほとんどです。日本では、ギャンブルに関する法律が厳格に規定されています。

そこでこの記事では、オンラインカジノの利益の納税方法についての綴っています。

久保儀一
久保儀一

利益申告は誰にとっても複雑です。ただし、知らずに放置しているのは危険です。正しい方法を知っていれば、誰でも簡単に行うことができます。僕のサポートと共に一緒にがんばりましょう。

日本のオンラインカジノの税金制度

日本では、ギャンブルに関する法律が厳格に規定されています。税務署のホームページによると、法律上、ギャンブルは以下の3つに分類されています。

公営ギャンブル:

  • 日本ではパチンコ、競馬、競輪、競艇などの一部のギャンブルが合法的に営業されています。これらは公営競技であり、唯一合法的にできるギャンブルです。

私営ギャンブル:

  • カジノやスポーツベッティングなどのギャンブルは私営であり、日本国内では違法です。これらカジノ関連ギャンブルは、賭博罪に問われるので注意を払いましょう。

オンラインギャンブル:

オンラインカジノやインターネットブックメーカーがこれらに含まれます。これらが原則違法ですが、日本国外から運営されている場合、利用者個人に対して刑事罰は科されていません。これは法整備が整っていないためです。

ただし、これから法制度が整えられる可能性も十分にあるので、常に注意を払いましょう。

オンライン かじ ノ 税金 いくら?税金の種類

いずれのギャンブルにせよ、日本の税法によれば、オンラインカジノで稼いた利益には所得税が課されます。

具体的には雑所得にカテゴライズされ、課税されます。そのため、利益申告時に利益を申告し、所得税を納めます。

僕の経験上、カジノギャンブラーの人はこのことを知らない人が多いです。何年も申告をせずに、数年後に税務局からお尋ねがきて、僕のところの飛び込んでくるという人もいました。

そのため、カジノを利用する場合は、実際に遊ぶ前に、カジノと税について最低限知っておかなければいけません。

カジノ所得を得たものの報告義務

カジノギャンブルで得た利益は所得税の対象となるため、毎年税務署にに正確な情報を提供し、所得税を申告・納税する必要があります。

ただし、例外もあり、獲得した利益額、損失額などの他の要因によって、報告義務がない場合もあります。

これは個人の財務状況によって異なるので、個人で税理士に相談をするようにしてください。

オンライン カジノ税金 いくら?カジノギャンブルから利益が出た場合の課税対象となる所得

実際、多くの人が知らないかもしれませんが、オンラインカジノからの利益は全額に対して課税されるわけではありません。

個人の状況に応じて、以下を控除することが可能です。これを理解しておくことで、節税が可能となります。

オンライン かじ ノの税金はいくら?という質問をよく受けますが、これは個人の控除、競馬などのギャンブル以外の本収入によって変動します。

また、オンラインカジノから得た利益の額によって適用される税率が異なるため、税務署に支払うべき金額は一概に言えません。

控除可能なエクスペンス

ギャンブルに関連する経費は、一部が控除の対象となる場合があります。

これにはオンラインカジノへの入金手数料や手数料、ルールや戦略を学ぶための教育費などが含まれます。競馬であれば、交通費なども経費に含めます。

また、職業としてカジノギャンブルをしている人は、事業所得を経費を含むことができます。

これにはコンピューターやソフトウェアの購入費用などが含まれます。だたし、これには個人事業主として登録するか、起業をしておく必要があります。

控除申請のための書類

控除を申請する際には、以下のような書類の提出が必要となる場合があります。

カジノオンラインギャンブルに関連する税金や控除については、個々人の状況や法律によって異なる場合がありますが、最低限以下が求められます。よくわからないという人は、専門家のアドバイスを求めてください。

経費の明細:

  • 控除対象となる経費について、正確な明細が必要です。これには領収書や請求書などの書類を提出する必要があります。

記録の保存:

  • 経費を申告するためには、カジノギャンブルに関連する全ての記録を保存しておくことが重要です。これには入金や出金の記録、カジノギャンブルのプレイ履歴、利益の受け取り履歴などが含まれます。

久保儀一
久保儀一

控除については、書類を用意できずに、受けられないというケースをみてきました。そのため、ギャンブルに関連した出費があった場合は、全ての書類を最低3年は保管しておくことをクライアントにはおすすめしています。

そうすることで、オンラインカジノで得た収益から、かなりの金額を節税できることもあります。

納税申告と申告書の提出

カジノ収入があった場合、所得税の申告書に利益の金額を記載し、所得税を払う必要があります。

申告は、毎年2月16日から3月15日までの期間に行われます(ただし、年によって変動することもあります。必ず税務署のホームページで最新スケジュールを見てください)。この期間内に正確な申告を行うことが重要です。

この際、所得税に加えて、住んでいる市町村に対して住民税も申告する必要があります。住民税の申告書にもオンラインカジノギャンブルで得た利益の金額を記載します。

この際、カジノからの収益が勤めている企業にバレないように気を付けてください。住民税の請求書が会社に届いてしまうことで、カジノが副業とみなされ、懲戒解雇を受けた人を知っています。

カジノで遊ぶ前に、就労規則についても確認しておくといいでしょう。

法律に従わず、期限を守らない場合、誤った申告を行った場合、申告を怠った場合、ペナルティがあります。

久保儀一
久保儀一

課税申告は正確に行うことが大切です。期限を守り、正確な情報を提供することで、税務に対するトラブルを避けられます。信頼性のある情報源や税理士のアドバイスを活用し、納税プロセスをスムーズに進めましょう。

競馬からの収入は申告していない人も多いですが、競馬も対象です。収入を隠すことはやめましょう。

源泉徴収税とW-8BENフォーム

一部のオンラインカジノギャンブルカジノプラットフォームは、得た収入に対して源泉徴収を行います。この場合、収入として受け取る利益から一定の税金が差し引かれ、差額がに支払われます。

また、利用するカジノオペレーターによって、W-8BENフォームを提出します。これは、外国の個人がアメリカで得た所得に対して源泉徴収税を免除または軽減されます。

しかし実際には、日本人が利用するカジノプラットフォームの多くがヨーロッパ発祥であるため、W-8BENフォームが必要になるケースはほとんどありません。

まとめ

この記事では、日本のオンラインカジノギャンブルの税金について以下の重要なポイントを取り上げました。一言でまとめると、ギャンブルで得た利益は雑所得になり、所得税を納付する必要があります。

そして、納めるべき金額や収入、利益、損失など、様様な要素によって異なります。

そのため、オンラインカジノを利用する際には、税金法を理解し、遵守することが非常に重要です。適切な納税手続きを行わないと、ペナルティーなどトラブルが生じる可能性があります。

カジノの税金についてよく理解していないという人は、この記事を何度も読み返して、完全に理解しましょう。それが安全にギャンブルを楽しむための第一歩です。

よくある質問

日本において、オンラインカジノの勝ち金は課税対象ですか?

日本では、カジノギャンブルで得た利益は所得税の対象となります。

これは一般的に「雑所得」として扱われ、年末調整や利益申告時に申告して納税する必要があります。一時所得に分類されるわけではないので、注意してください。

日本でのオンラインカジノの税金の計算方法はどのようになっていますか?

日本でのオンラインカジノの税金は、一般的に所得税として計算されます。カジノギャンブルで得た利益を所得として申告し、所得税率に基づいて税務署に払うことになります。

たくさん勝利金をカジノから稼いだ場合、50%の税率になる場合もあるので注意が必要です。

損失はカジノギャンブルの利益と相殺できますか?

日本の税法では、カジノギャンブル賞金と損失を相殺することはできす。利益として得た収入と損失を一緒に計算して、合計がマイナスになった場合、収入を申告する必要はありません。

ただし、損失を次の年に当てたい場合は、申告が必要なので注意しましょう。

カジノギャンブルの払戻金を申告しなかった場合、どのような結果になりますか?

ギャンブルの賞金を申告せずに隠蔽する行為は非常に悪い行為で、罪に問われます。

もしプレイヤーがギャンブルの払戻金、つまり収入を申告しない場合、税務署による調査が行われます。最悪の場合、追加の税金や罰金が含まれることがあります。

日本のプロオンラインギャンブラーに税制上の特典はありますか?

日本のプロオンラインギャンブラーは、それが職業の場合、他のビジネスと同様に事業所得として税制上の特典を受けることがあります。

経費の控除や節税策などが適用される可能性があることを意味します。

日本のオンラインカジノで賞金に対して源泉徴収税が行われますか?

これは一般的ではありませんが、一部のプラットフォームが賞金に対して源泉徴収税を行うことがあります。

源泉徴収税は賞金を受け取る前にプラットフォームによって差し引かれるので、カジノの儲けに影響が出たように見えますが、実際には収入は同じです。

種々のオンラインカジノゲームに対する税金処理は異なりますか?

ゲームの種類によって税金の取り扱いが異なることありません。一般的にギャンブルで得た賞金は、一様に雑所得として扱われます。

オンラインギャンブルに関連する旅費を控除することはできますか?

日本の税法では、オンラインギャンブルに関連する旅費は控除の対象とはなりません。そもそも、オンラインであれば旅費は発生しないはずです。

ただし、プロフェッショナルギャンブラーの場合は事業経費として控除可能な場合があります。

節税のために控除を受けるには、書類保存にはどのような書類が必要ですか?

控除を受けるためには、領収書、請求書、入出金の記録、プレイ履歴などの全ての書類を保管することが重要です。

日本に住む外国人居住者に影響を与える税条約はありますか?

日本はいくつかの国と税条約を締結しています。これにより、外国人居住者がカジノの税金に関して特定の国との間で税金控除や免除を受けれることもあります。

ただし、これは僕の専門ではないので、税金を払 う際には、国政税務に詳しいアドバイザーに相談してください。

W-8BENフォームとはなんですか?

W-8BENフォームは、アメリカ合衆国の税制に関連す書類です。W-8BENは、外国人がアメリカで得た所得に対して、源泉徴収を受けるのを避けるために提出する書類です。

日本のギャンブルであれは、これが必要になることはほとんどありません。

久保儀一
久保儀一

こんにちは、私は日本のギャンブル業界を専門とする弁護士兼編集者の久保儀一と申します。私は、日本におけるギャンブルの合法性に関するあらゆる問題について法的分析を行い、kajino.comが正確で最新の情報を提供出来るようにする事に重点を置いています。私はオンラインカジノの法的側面に情熱を注ぎ、読者に価値ある洞察を提供する事に専心しています。我々の専門知識により、日本のギャンブル法の複雑さを理解し、規制、ライセンス、その他の法的問題に関して信頼出来る情報を提供する事が出来ます。kajino.comの法的コンテンツの責任者として、日本のオンラインギャンブルに関連する全ての法的側面を包括的にカバーする事を目標としています。

Online Kajino
サイン入り久保儀一