img
img 比べる

比較のためにカジノを追加しました。
クリックして比較

更新しました: 2024-06-11

オンラインカジノは違法?日本におけるギャンブル法の説明 [2024年6月]

私は久保儀一と申します。私はギャンブルに関する法的問題に詳しい弁護士です。今回は、日本のギャンブルの現状を分析し、オンラインカジノの 違法性や賭博法との関連について,読者のみなさんにお伝えしていきます。

この記事を読んでいる方は…

  • 「オンラインカジノが面白そうだけど安全かどうか知りたい」
  • 「オンラインカジノに登録したいが、合法かどうかが気になる」
  • 「オンラインカジノと賭博法の関連性を知りたい」

…などの考えをお持ちかもしれません。

今回この記事ではオンラインカジノの特徴について、あらゆるメリットとデメリットを考慮した上で私独自の分析を行い、読者の皆様と共有したいと思います。

  1. 日本におけるオンラインカジノの違法性について
  2. オンライン カジノは違法?まずは運営会社をチェック
  3. オンラインカジノのライセンスについて
  4. 1. MGAマルタライセンス「Malta Gaming Authority(MGA)」
  5. 2. キュラソーライセンス「 Curacao eGaming 」
  6. 3. ジブラルタルライセンス「Gibraltar Regulatory Authority(GRA)」
  7. 4. 英国ギャンブル委員会「United Kingdom Gambling Commission(UKGC)」
  8. 5. マン島ライセンス「Isle of Man Gambling Supervision Commission」
  9. 日本のオンラインカジノ ー 違法でも合法でも無い
  10. オンラインカジノと日本の賭博法の関係
  11. 日本の賭博法と賭博罪の種類
  12. なぜオンラインカジノに日本の賭博法が適用されないのか?
  13. 日本でのカジノ違法逮捕者について
  14. なぜ警察はギャンブラーを逮捕したのか?
  15. 逮捕されても不起訴になった事例
  16. 違法賭博問題についての担当弁護士の意見
  17. 日本人が海外のカジノで遊んでも違法ではないって本当?
  18. 「海外カジノでプレイしている 」ケースでは日本人プレイヤーを法的に問えない
  19. 外国のカジノは合法的なライセンスを持っていますか?
  20. 日本のカジノプレイが違法と判断されるケースについて
  21. インカジを利用するのは?
  22. サーバーは海外にあるの?
  23. オンラインカジノのサイトは日本から利用できますか?
  24. オンラインカジノでプレイする際に考慮すべきルール
  25. カジノ法案「IR法案」とは
  26. カジノ法案(IR法案)についてもっと読む
  27. オンラインカジノに対するIR法のメリットデメリット
  28. カジノ法案「IR法」がオンライン カジノに与える影響について
  29. ネット カジノの今後について
  30. 日本のカジノが合法化される事はある?
  31. 【結論】オンラインカジノは違法ではない
  32. オンラインカジノ活動に関するよくある質問

日本におけるオンラインカジノの違法性について

最近ネット上で日本におけるギャンブルの合法性について様々な情報が流れています。しかしオンラインカジノが合法ではなく特定の法律で禁止されていると証明された情報、またはネットカジノ合法ではない違法という情報は、今のところありません。

例えば日本のギャンブルの現状についてこちらの記事では実際の事例が載っていません。これらはオンラインカジノの違法性である事を示す証拠や正確な事例もなく、「一般的な」ギャンブルの状況について話しています。

今の所オンラインカジノのプレイヤーが法的トラブルにあったケースはほとんどありません。

実際オンラインカジノの違法性の法的リスクは、一般のプレイヤーにとっては非常に小さいものなのです。その理由はあとから説明していきます。

久保儀一
久保儀一

今の所、オンラインカジノのプレイヤーが訴追された実績はほとんどありません。

実際、オンラインカジノの法的リスクは、一般のプレイヤーにとっては非常に小さいものなのです。その理由はあとから説明していきます。

オンライン カジノは違法?まずは運営会社をチェック

多くのオンラインカジノ運営会社は海外に拠点を置いており、該当する国や地域の政府から発行された合法なオンラインギャンブルビジネスのライセンスを保有しています。しかしライセンスなしで運営する悪質な運営会社に遭遇するリスクも存在します。そのためユーザーはゲームを始める前に、オンラインカジノが合法かどうか、運営会社のライセンスと評判を慎重に確認することが推奨されます。

以下にある各カジノサイトは厳格な審査を通過し、海外政府からも認可を得ているれっき とした合法オンラインカジノです。これらのオンラインカジノは国外に拠点を置いていますが、日本市場でも展開しています。

オンラインカジノのライセンスについて

オンラインカジノのライセンスは、合法な運営を証明するものです。オンラインカジノの運営が合法かどうかは、運営会社が拠点する国の政府から発行されるカジノライセンスによって判断されます。これらのライセンスは、マルタ、ジブラルタル、イギリス、マン島、キュラソーなど、様々な地域で発行されます。カジノのライセンスはお金を出せば取得できるような、そんなシンプルなものではありません。オンラインカジノの信頼性を確保するために、運営会社は厳しい審査と定期的な監査を受ける必要があります。オンラインカジノの信頼性を評価する際、ライセンスの有無は重要な基準となります。

信頼出来るオンラインカジノのライセンスのトップ5!

1. MGAマルタライセンス「Malta Gaming Authority(MGA)」

マルタは長年にわたりヨーロッパのカジノの中心地となっています。その理由はマルタでのカジノ法や運営方法に透明性があり、ヨーロッパ市場へのアクセスを提供しているからです。マルタ共和国賭博局「Malta Gaming Authority(MGA」 は、厳格なライセンス審査を実施し、カジノ運営会社にライセンスを付与する機関です。

2. キュラソーライセンス「 Curacao eGaming 」

オランダ領のキュラソーはカリブ海に浮かぶ小さな島ですが、オンラインカジノ業界では大きな存在感を示しています。これはライセンスを取得するのが比較的容易でコストが低い事が大きな要因です。

その仕組みはマスターキュラソーのeゲーミングライセンス「Curacao eGaming 」とサブライセンスの存在にあります。1996年にキュラソー政府から認められた4社のマスターライセンス保有会社(が、オンラインカジノ事業者にサブライセンスを発行するという形態におり、マスターライセンス、サブライセンス共に5年ごとに更新される仕組みになっています。

3. ジブラルタルライセンス「Gibraltar Regulatory Authority(GRA)」

ヨーロッパで最も信頼出来る規制機関の一つでイギリス領ジブラルタルの規制当局「Gibraltar Regulatory Authority(GRA)」は、2000年10月のジブラルタル規制法の下で設立されました。オンラインカジノ 、スポーツベッティングなどを含む様々な電子通信を規制する責任を担っています。

4. 英国ギャンブル委員会「United Kingdom Gambling Commission(UKGC)」

次に、英国ギャンブル委員会「United Kingdom Gambling Commission(UKGC)」があります。これはイギリスのギャンブルを監督する規制機関であり、企業の活動内容に応じて様々なライセンスを提供しています。5種類のリモートベッティングライセンス(例えば、リアルイベントとバーチャルイベントでスポーツベッティングを行う場合、2種類のライセンスが必要)、中間ライセンス、業界ライセンスがあります。

5. マン島ライセンス「Isle of Man Gambling Supervision Commission」

以前はギャンブルコントロール委員会として知られていた、マン島ギャンブル監督委員会「Isle of Man Gambling Supervision Commission」は、マン島の賭博ゲームのための主要な制御委員会です。この管轄区域は、その税制上の優遇措置によりオペレーターに非常に人気があり、その為e-gamingの大物たちが集まっています。また、オンラインカジノゲームなどの外部テストも行っています。

これらの当局全てのライセンスは、サイトの信頼性を示す強力な指標となります。

日本のオンラインカジノ ー 違法でも合法でも無い

日本を拠点にしてオンラインカジノを運営することは、法的に問題があるので合法ではありません。。更に法的な側面も分析した結果、日本オンラインカジノでプレイする事は完全に合法とは言え無いが、違法でも無い、と言う結論に達しました。

したがって、日本国内でオンラインカジノは「グレーゾーン」にあたると言えます。

オンラインカジノと日本の賭博法の関係

オンラインカジノの違法性

日本でのオンラインカジノの違法性は明確な法律は無いものの、、現在はライセンスを発行する国の規制機関が存在しない、ということを理解しておく必要があります。また日本の銀行は賭け事のプロバイダーとの取引を行っておりませんが電子ウォレットや仮想通貨を利用して取引をスムーズに行う方法は沢山あります。

日本の賭博法と賭博罪の種類

日本でのギャンブルは1907年以来、公式に違法とされていますしかしパチンコ、​​オンラインカジノ、スロットなどを初め様々な例外があります。パチンコなどは日本全国にあり、国内で多くの人が利用してます。

ごく最近まで日本で合法的なギャンブルは、スクラッチカード、宝くじ、スポーツ(競馬、競輪、オートバイ、各種水上競技のみ)のみでした。刑法第23条ではそれ以外のギャンブルを禁止しており、初犯の場合は50万円以下の罰金、再犯の場合は3年以下の懲役が科せられます。

日本におけるギャンブルを語る上で最も重要な法律文書は、刑法第23章です。これは、日本国内でどのようなギャンブル行為が適法で合法か、どのような行為が違法であるかをまとめた法律条文です。刑法は1907年に制定されましたが長年にわたっていくつかの例外を受け入れてきました。

刑法 第二十三章

第二十三章 賭博及び宝くじに関する罪(賭博罪) 第百八十五条 賭博をした者は、五十万円以下の罰金又は科料に処されます。ただし、これは一時的な娯楽として利用されるものに賭ける場合には適用されません。

違法に該当しない賭博には以下が含まれます:

  • 宝くじ
  • 競馬
  • カーレース
  • 競輪
  • ボートレース
  • お年玉付き年賀はがき

これらの賭博は法律に基づいて適切に規制されており、関係する省庁の承認を得て実施されているため、合法とされています。

日本では、パチンコは非常に人気がありますが、アミューズメント目的とみなされる為、ギャンブル法に該当するものではありません。宝くじ、麻雀、サッカー賭博についても同じ事が言えます。2016年長引いた立法過程を経て、日本政府は陸上賭博を合法化しました。

賭博罪には以下が含まれます

  • インカジ(インターネットカジノ)
  • オンカジ(オンラインカジノ)
  • 賭け麻雀
  • 賭けゴルフ
  • 野球賭博
  • 賭け花札
  • 裏スロット
  • 裏カジノ

このような賭博は賭博罪で刑事責任につながる可能性があります。現在の規制ではこれらの賭博を行う場合、法的なリスクを真剣に考える必要があり、ギャンブル法違反に伴うリスクを理解する必要があります。

なぜオンラインカジノに日本の賭博法が適用されないのか?

法的な観点からは賭博法で、オンラインカジノのギャンブラーを裁判にかける事は非常に困難です。オンラインカジノ違法なぜそう言えないのか。法律上オンラインカジノ運営側を検挙しなければ賭博法が成立することはありません。賭博をプレイした側と賭博を運営する側、どちらも存在しないと成り立たないという状態を意味します。片方だけを取り締まり、もう片方を無視することはできません。賭博法の内容としてはオンラインカジノはプレイヤーにとって違法であるように見えますが、これは完全な事実ではありません。賭博を運営する経営者が逮捕されない限り、賭博罪は成立しないのです。

一方で海外のオンライカジノは合法となるライセンスを取得しているため、日本の警察機関は検挙できません。現地の法に則って運営されているため、現地で合法の事業を日本側の法律で一方的に裁くことはできないというわけです。

日本でのカジノ違法逮捕者について

「賭博法」は、基本的にはプレイヤー本人だけではなく、オンラインカジノの運営側双方を対象としており、運営側が海外で合法化されている場合、日本政府が検挙しない限りは賭博法の対象にはなりません。

例え海外のオンラインカジノを合法的にでも利用することで法的問題が生じるとけん制するサイトもありますが、賭博法は未だに不完全であり、オンラインカジノなど新たな動向については明確に規定していません。

なぜ警察はギャンブラーを逮捕したのか?

オンラインカジノを合法的にでもプレイするとみんな逮捕される?と言う問いを検討してみましょう。

実際、これらは孤立したケースに過ぎず、こういう記事、またはこのような記事は、みなさんを怖がらせるためのものでしかありません。この記事の後半でオンラインの合法性について詳細に説明します。

逮捕されても不起訴になった事例

2016年3月、日本でオンラインカジノのプレイヤーが初めて摘発される事件が発生しました。スマートライブカジノ事件である。京都府警がスマートライブカジノでプレイしていた3人のプレイヤーを逮捕しました。

この3人のプレイヤーは、自身のブログやSNSでプレイヤーIDやスマートライブカジノでの個人情報を公開していました。公開された情報をもとに身元が確定しプレイヤーは拘束されました。3人のうち2人は略式起訴され、1人は裁判で争う事になりました。日本の法律では、海外で合法的に運営されているカジノ のプレーヤーが違法行為で告発される事はない為、この家宅捜索は当初から不当とされていました。

違法賭博問題についての担当弁護士の意見

ここで重要なのは略式起訴を受け入れず、検察側の主張に対して法廷で争う意思を持った一人のプレイヤーが結果的に不起訴になった、という事です。これは検察側が「裁判で犯罪事実を証明するのは非常に難しい」と判断した為だと考えられています。

以下の、起訴猶予を勝ち取った男性を弁護した弁護士の見解の要約を読むことが出来ます。

不起訴処分を勝ち取る - オンラインカジノプレーヤー事件

日本人が海外のカジノで遊んでも違法ではないって本当?

ギャンブル関連の犯罪は日本国内が対象なので、海外のカジノで日本人がプレイすることには適用されません。テレビで芸能人が言っているのを聞いた事があるはずです。「マカオに行ってカジノで遊んだ」とか「ラスベガスで遊んだ」などなど。

つまり日本人であっても、海外旅行や現地のカジノで遊ぶ事は禁じられてません。

「海外カジノでプレイしている 」ケースでは日本人プレイヤーを法的に問えない

まず日本人が海外にあるオンラインカジノが適法をする事が違法かどうか現在の法律ではオンラインかじノ違法でも合法でもない、​​判断がつかないのです。ここで言うオンラインカジノは「カジノ運営会社は海外にあり、プレイヤーはオンライン上で遊ぶことを意味します。そしてオンラインカジノに関する法律が明確でない事に加え、判断が難しい理由は2つあります。

一方「オンラインカジノサーバーは、日本ではなく海外で合法的に運営されている事」や「インターネット経由でアクセスする海外のオンラインカジノをプレイすることは違法にあたる」という意見もあります。「日本でプレイしている以上、賭博罪が成立するのは明らかだ、と言う意見もあります。

しかし現在の日本の賭博法では、明確な法的枠組みがありません。このようにネットカジノの法的問題に関する議論は長い間続いています。

『参考』当サイトは日本でのギャンブルを推奨するものではありません

外国のカジノは合法的なライセンスを持っていますか?

「海外で運営されている」オンラインカジノであっても、どこでも合法的なライセンスを持っているわけではなく、日本のようにオンラインギャンブル違法の国もあります。。しかし日本などの「ギャンブル(オンラインカジノを含む)が違法な国」でも合法なギャンブルが存在します。

上記で述べたように、最も信頼出来るカジノライセンスは以下の通りです。

キュラソーバリデーター

合法的にプレイできるカジノを調べるには、「海外で運営されているか」「信頼出来るライセンスを持っているか」をチェックします。合法的に運営されているオンラインカジノは、必ず政府の「ライセンス」を取得しています。オンラインカジノが合法なライセンスを持っているかどうかを確実にしたい場合は、キュラソーバリデーターどのサイトを利用し確認することができます。

ライセンス取得の基準は国によって異なる為、安全にギャンブルを楽しむ為にはその国の法律をよく理解した上でプレイする必要があります。

将来起こりうる法的問題を回避する為にも、オンラインカジノの合法なライセンスは入念に確認し、ギャンブル法について学ぶことが重要です。

日本のカジノプレイが違法と判断されるケースについて

弁護士としてはオンラインカジノが違法でない事をいい事に手当たり次第ギャンブルをする事は絶対にお勧めしません。実際に違法になる場合もあるからです。

インカジを利用するのは?

まず「インカジ」の説明をしましょうインカジとはインターネットカジノの略称でが、実際にはネット上ではなく実店舗でカジノが遊べる場所で、その場で現金に換える事が出来るのが特徴です。ということは、インカジ(インターネットのカジノ)を利用することは、インターネットカジノ違法で合法ではなく結局「裏カジノ」「闇カジノ」と同様の行為とみなされます。

インターネットカジノは法的には合法に思えますが、プレイから現金の引き出しまで全て実店舗で行われる為、インカジで遊ぶことは立派なギャンブルに関連した犯罪です。

またインカジでカジノをプレイしたプレイヤーも賭博罪で逮捕される事を頭に入れておいて下さい。

サーバーは海外にあるの?

まず基本的なチェックポイントとして「このオンラインカジノのサーバーが海外にあるかどうか」を確認して下さい。

サーバーとはネットワーク上の保管庫のことで、遊んでいるオンラインカジノのサイトのサーバーが実際に設置されているコンピュータの事です。法的には日本国内にあるサーバーでカジノのサイトを運営する事は、物理的なカジノを日本で運営する事と同じです。海外にサーバーを持つカジノのみを選択する必要があります。

重要だ!

したがってオンラインカジノのサーバーが日本にある場合、そのサイトでギャンブルをする事は違法となります。

なぜならギャンブルをする場所を日本国内で提供する運営側は、日本の賭博法により「賭博場開帳図利違反」として違法とみなされるからです。

オンラインカジノのサイトは日本から利用できますか?

実際2016年6月には日本でオンラインカジノを運営していたとして運営者が逮捕され、サイトが突然閉鎖されました。サイトの利用者は逮捕こそされなかったものの、警察からの警告や口座の資金が返還されないなど、かなりの損失を被ったのです。

もちろん「インカジ」と呼ばれる、実店舗内で賭け事や両替が出来るようなカジノは利用すべきではないでしょう。弁護士としての私のお勧めは、追跡可能な日本からの通貨取引は利用しない事です。全てを匿名にする為には、暗号通貨を利用するのが一番です。

オンラインカジノでプレイする際に考慮すべきルール

法的な問題に関連した事例をもとに、オンラインカジノで遊ぶ際に留意すべきポイントを以下にまとめます。日本人向けの広告やマーケティングを行っているオンラインカジノ(日本人ディーラーがいる、日本人専用テーブルがあるなど)は避けてください。

  • SNSやブログなどでオンラインカジノをプレイしている事を公にしない
  • オンラインカジノのIDなどを公開しない
  • オンライン上で財務情報を公開しない
  • オンラインカジノのチャットルームで個人情報を公開しない

海外で運営されている合法のオンラインカジノであれば、そこでプレイしても裁く法律が存在しないので、もし逮捕されたとしても実際には何の罪も問われることはありません

オンラインカジノは法的には違法でも合法でもない、グレーゾーンである事を忘れずに、自己責任で楽しんで下さい。

カジノ法案「IR法案」とは

日本でも「カジノ法案」が可決され、オンラインカジノについて未来に希望の光が見えてきました。それではIRとは何でしょうか?詳しく見ていきましょう。

2016年12月に「カジノ法案(IR推進法)」が、2018年7月に「IR整備法」が可決されました。「IR」とはIntegrated Resortの略で、カジノだけでなく様々な店舗が入ったリゾート施設の事を指します。映画館やショッピングセンター、スポーツ施設、スパなども含まれます。

IRカジノ法案は、統合型リゾートの実現による観光客誘致と財政難の解消を目的としていると考えられます。その中でカジノは法律に基づいて合法的に運営される事となりそうです。

カジノ法案(IR法案)についてもっと読む

長年にわたりオンライン上であれ、実店舗のランドベースであれ、あらゆる民間セクターが運営する賭博のゲーム行為は、刑法の犯罪行為として禁止されていました。

しかし、2016年にカジノ法案(以下、IR推進法)、2018年にIR整備法がそれぞれ制定されました。この法令に基づき認可を受けたカジノ事業者がIR内(レジャー施設など)のランドベースで行うカジノやゲームの運営が合法化されています。

一方オンラインによるカジノやゲームの運営は、日本国内で行われる場合は依然として禁止されています。競馬、競輪、オートバイ、競艇の賭け事や宝くじ、スポーツ振興くじの販売は、公的機関や準公的機関が運営していますが、こうした賭け事や宝くじの購入はインターネットを経由して行う事が可能です。

最近日本の国会でスポーツベッティングの合法化に関する議論が続いています。ソーシャル・スキル・ゲームについては、ネット上、実店舗のランドベース上のいずれにおいても特に規制する法律はありません。

カジノはIRエリア内でのみ運営が可能であり、IRエリア内で実施する場合はIRエリア実施計画に基づく国土交通大臣の認可が必要です。日本国内で合法的にカジノやゲームを運営するにはカジノ事業免許が必要ですが、IR実施法に基づき国土交通大臣の認定を受けたIR事業者(カジノだけでなく複合型施設、娯楽施設、観光施設、宿泊施設などの運営)にしか免許を与える事ができません。すなわち単体のカジノ事業者(非IR事業者)は、認可されたカジノ事業者として認定されません。

重要!

IR実施法では、IR区域の認定数は最大3区域(初回認定発行日から7年後に見直し)となっています。各IR区域で運営できるカジノは1つのみであり、1社のカジノ事業者が運営する事になります。

久保儀一
久保儀一

IRカジノ事業者は通常会社法に基づき設立された法人(、株式会社や合同会社)でなければなりません。IRカジノ事業者のオーナーになる為の居住地や国籍の要件はありませんが、認可対象はカジノ事業者において株式や持分の議決権などが5%以上を保有する意図がある者、相続だのにより保有することになった者となっています。

オンラインカジノに対するIR法のメリットデメリット

カジノ設立の最大のメリットとしてまず挙げられるのは、経済効果です。IR施設を求める観光客の増加、IR施設運営の為の雇用促進、IRを利用しやすくする為のインフラ整備など、様々な経済効果が期待されます。

IR法のデメリットは、ギャンブル依存症の増加や治安の悪化など考えられるでしょう。現在でも、これらのデメリットに対して多くの反対意見があるのは事実です。

つまり…

  • IR法のメリットはギャンブルを合法化すればギャンブルで捕まる心配がなくなり、そして経済的に国庫が潤うということが挙げられます。
  • 一方でデメリットはカジノに依存するギャンブル依存症患者が今後増える可能性が高いという懸念も無視できません。

カジノ法案「IR法」がオンライン カジノに与える影響について

オンラインカジノの将来についての見通しは難いですが、実店舗のランドベースのカジノのオープンについては、より明確な展望が予測できます。最近カジノ管理委員会が設立された事もあり、今後の動きに期待しましょう。

他の国と同じようにオンラインカジノの法制化が行われることで、日本でのランドカジノが成功するかもしれません。今後、IR法は日本でのランドベースカジノの法制化に繋がると考えがあります。とはいいつつ長年の懸案であったリゾートが開けるまでは、何が起こるか分からりませんね。

ネット カジノの今後について

カジノ法案が成立した今、カジノが国民に広く浸透する事は間違いないでしょう。しかし、今回のカジノ法案にはオンラインカジノに関する記述がありません。日本でのオンラインカジノの違法かどうかの今後については、グレーゾーンのまま、オンラインカジノは日本の法律では違法でも合法でもない、判断がつかないという現状が続くと予想されます。

日本のカジノが合法化される事はある?

現代の日本でもアメリカやヨーロッパと同じようにカジノが合法化される可能性は非常に高いという意見は多くあります。カジノ法案の目的が日本国内の財源や外貨の確保であるので、日本政府が近い将来のオンラインカジノ合法化に前向きであると考えることができます。

【結論】オンラインカジノは違法ではない

今回は日本におけるオンラインカジノに対する法律の問題について紹介しました。結論から言うと「法律がない」「賭博法の解釈が不完全・不適当」という意味で違法ではありません。

さらに、IRカジノ法案が成立すれば、日本のカジノ法は確実に進歩します。合法化される可能性は高いですが、これから日本のカジノがどのように発展していくのか、今後多くの方に関心を持たれるでしょう。

 

オンラインカジノ活動に関するよくある質問

オンラインカジノは日本で合法?

いいえ、日本国内ではオンラインカジノの運営は違法とされています。海外のオンラインカジノにおいても、オンラインギャンブル法が日本ではまだ存在しないのが実情です。日本の賭博法によれば、国内での賭博行為は原則として禁止されています。特定の公営ギャンブル(競馬、競輪、競艇など)は例外として認められていますが、オンラインカジノはこれに含まれていません。そのため国内から海外のオンラインカジノサイトにアクセスして賭博行為を行うことも違法と見なされる可能性があります。

オンラインカジノに罰則はありますか?

はい、オンラインカジノの利用には罰則が伴う可能性があります。日本国内でオンラインカジノを利用することは、賭博罪に該当する可能性があります。賭博罪には以下の罰則があります:

  • 単純賭博罪:50万円以下の罰金または科料
  • 常習賭博罪:3年以下の懲役

さらに賭博場を開設し人を集めて賭博の利益を図った場合には、賭博開帳図利罪が適用され、3年以上5年以下の懲役が科されることがあります。

オンラインカジノを利用して逮捕されたらどうすればいいですか?

もしオンラインカジノを利用して逮捕された場合は、次のステップを検討してください:

  1. 弁護士に相談:即座に信頼できる弁護士に相談し、適切な法的アドバイスを受けましょう。
  2. 証拠の確認:自分が無実であることを証明するための証拠を集めましょう。これには、オンラインカジノの利用履歴や支払いの記録が含まれることがあります。
  3. 公正な手続きを求める:法的手続きにおいて、公正な取り扱いを求めましょう。弁護士と連携して、適切な対応を行うことが重要です。

 

日本ではカジノがなぜダメなのでしょうか?

カジノは賭博行為(※)であり,日本では賭博行為が禁止されているため,ネットカジノ(オンラインカジノ)を 利用した場合に罪に問われないかが問題になります。

こんにちは、久保儀一です。OnlineKajino.comでは、オンラインカジノに関する法律の最新ニュースを追いかけ、読者が安心してプレイできるようお手伝いしています。大学時代、法律の暗記で疲れ切っていた時に、気分転換にスマホで楽しめるオンラインカジノを発見。最初は単なる逃避行でしたが、ゲーム戦術や白熱した勝負にあっという間に引き込まれました。今ではいろんなビデオポーカーの攻略法を試しながら楽しんでいます。2020年以降、次々とライセンス規制機関が資金保護を強化し、プレイヤーの資金安全性が向上しました。これからもこういったオンラインカジノの法律ニュースをチェックして、わかりやすくお伝えしていきます。

 

Online Kajino
サイン入り久保儀一